Serverless Flamework を利用して、最速でAPIを実装する

プログラミング

表題の通り、最速でデプロイまでやる。Node.js 12.xのランタイムを使用します。

前提知識

Serverless Framework

サーバレスなアプリケーションの構成管理、デプロイをするためのツール。

The Serverless Application Framework | Serverless.com
Build web, mobile and IoT applications using AWS Lambda and API Gateway, Azure Functions, Google Cloud Functions, and more.

準備

$ npm install -g serverless

実装

1. プロジェクトの作成

$ serverless create --template aws-nodejs --name my-project --path my-project
...
$ cd my-project
$ ls
handler.js   serverless.yml

プロジェクトを作成すると、2つのファイルが生成されます。

それぞれの各ファイルの内容はこんな感じです。

'use strict';
module.exports.hello = async event => {
  return {
    statusCode: 200,
    body: JSON.stringify(
      {
        message: 'Go Serverless v1.0! Your function executed successfully!',
        input: event,
      },
      null,
      2
    ),
  };
  // (コメント部省略)
};
# (コメント部省略)
service: my-project
# (コメント部省略)
provider:
  name: aws
  runtime: nodejs12.x
# (コメント部省略)
functions:
  hello:
    handler: handler.hello
# (コメント部省略)

2. 最も単純なJSONを返すAPIを実装する

handler.jsに書いてある内容を返すだけのAPIなら、serverless.ymlを少しいじるだけで実装できます。

(省略)
provider:
  name: aws
  runtime: nodejs12.x
+  region: ap-northeast-1
+  profile: test
(省略)
functions:
  hello:
    handler: handler.hello
+   events:
+     - http: GET hello
(省略)

注意:AWSにデプロイするためのprofileです。使用するものを~/.aws/credentialsから選びます。(今回はtest)

credentialについては、公式とか参照:

AWS CLI の設定 - AWS Command Line Interface
AWS Command Line Interface (AWS CLI) を設定し、AWS とやり取りするための設定を指定します。

3. デプロイ

$ serverless deploy
(省略)
api keys:
  None
endpoints:
  GET - https://(ランダム).execute-api.ap-northeast-1.amazonaws.com/dev/hello
(省略)

これで完成です。
https://(ランダム).execute-api.ap-northeast-1.amazonaws.com/dev/helloにアクセスすると、handler.jsの内容がJSON形式で返ってきます。

まとめ

超簡単!

コメント

タイトルとURLをコピーしました