【log4js-extend】ログに自動的に行数などを付与する

プログラミング

ログ出力時に、自動的に行数などが出力されるようにする

今回は、log4js拡張機能を使用する

log4js-extend

github.com

インストール

$ npm install log4js-extend

使い方

const log4js = require("log4js");
const log4ex = require("log4js-extend");
log4js.configure({
// 外部ファイルに出力
appenders: {
system: {type: 'file', filename: './logs/system.log'}
},
categories: {
default: {appenders: ['system'], level: 'debug'}
}
})
log4ex(log4js, {
path: __dirname,
format: "at @name (@file:@line:@column)"
});
const logger = log4js.getLogger();
log_test();
function log_test() {
logger.debug("test");
}

出力はこんな感じになる

[2019-08-06T20:53:53.929] [DEBUG] default - test at log_test (app.js:19:10)

オプション部分について

log4ex(log4js, {
path: __dirname,
format: "at @name (@file:@line:@column)"
});

path

相対パスを使用する

default: null

format

詳細ログのフォーマット

default: "at @name (@file:@line:@column)"

キーワード一覧

  • @name : ファンクション名
  • @file : ファイル名
  • @line : 行数
  • @column : 行頭からの文字数

コメント

タイトルとURLをコピーしました