TL;DRを盛大に勘違いしていた話

雑記

TL;DRとは

TL;DRは、Too Long, Didn't Readの略語で、
直訳すると「長すぎるから読まなかったよ」って感じになります

勘違い

TL;DRは、長い記事の冒頭にいわゆる「忙しい人のために(先に結論を)」くらいのニュアンスで使われているイメージです

しかし、冒頭に書いた通り、Too Long, Didn't Readです

元々、この言葉は長いコメントに対しての返信の冒頭につけることで相手を皮肉るような使い方をされているようです

つまり、長い文章に対して、「〜まで読んだ」とレスするのと同じニュアンスですね

そこから派生して、長い記事の要約のことをTL;DRと書くようになったようです

ところが、フォーマルな文章ではあまり使わないほうが良さそうです

実用英語としてのTL;DR

よく目にすることもあり、TL;DRという表現は実用英語として市民権を得ていると思って使っていたのですが、
まだこの言葉は、ネットスラングの域を出ないようです

相手を小馬鹿にしたような意味合いを持っていると受け止められることが多いようで、
フォーマルな文章では、避けたほうが良いとのことでした(世界中で仕事する友達のNくん談)

参考

コメント

タイトルとURLをコピーしました